働くクルマトップ 特装車を生産している会員企業
 家庭や会社などから出るゴミを回収し、ゴミ処理場まで運ぶクルマです。ゴミは、荷台後部に設けた投入口から回収し積載します。ゴミ処理場では、積載したゴミを機械で押出したり、荷台を傾けて排出します。

写真:㈱モリタエコノス


働くクルマトップ 特装車を生産している会員企業
 生コンクリートを工事現場等に運ぶクルマです。荷台はドラム式となっており、積載した生コンクリートの品質を維持するため、ドラムを常に回転させながら走ります。
写真:KYB㈱




働くクルマトップ 特装車を生産している会員企業
 液体や気体を多量に運搬・輸送するためのクルマです。石油や化学薬品等を運ぶものから、ガスや飲料水等を運ぶものなど、積荷や用途により多様な種類が存在します。

写真:新明和工業㈱


働くクルマトップ 特装車を生産している会員企業
 運転台の後ろにクレーン装置を備えたクルマです。安定性を増すためのアウトリガー(張出脚)を備えており、工事現場ではこのアウトリガーを左右に張出して作業します。 。

写真:㈱タダノ


働くクルマトップ 特装車を生産している会員企業
 運転台の後ろに生コンクリートを圧送するためのポンプ装置を備えたクルマです。ミキサー車で運ばれてきた生コンクリートは、長いブームを使い、ビルの上などの遠く離れた場所まで運ぶことができます。安定性を増すためのアウトリガー(張出脚)を備えており、作業現場ではこのアウトリガーを左右に張出して作業します。

写真:極東開発工業㈱


働くクルマトップ 特装車を生産している会員企業
 荷台に相当するコンテナを自力で乗せ換えることができるクルマです。コンテナ内の積荷をダンプ車のように傾けて排出することができたり、いろいろな形のコンテナに載せ換えることができるので、様々な場面で活躍しています。

写真:新明和工業㈱

写真:極東開発工業㈱


働くクルマトップ 特装車を生産している会員企業
 荷台を傾けるためのダンプ装置を備えたクルマです。土砂やガレキなどの荷物は、荷台を傾けて一気に降ろすことができます。

写真:極東開発工業㈱


働くクルマトップ 特装車を生産している会員企業
 セメントや家畜の飼料など、粉や粒状の荷物を運ぶクルマです。荷台はタンク状となっており、荷物を積載するときは荷台上部の注入口から積載し、降ろすときはホースやブームの先端から卸します。

写真:極東開発工業㈱


働くクルマトップ 特装車を生産している会員企業
 運転台の後ろに荷物を積載するための荷台と小型のクレーン装置が付いているクルマです。このクレーン装置を使用すれば、大きな荷物も簡単に積卸しすることができます。

写真:古河ユニック㈱


働くクルマトップ 特装車を生産している会員企業
 高い所で安全に作業するためのクルマです。電線が切れたときなどの修理や点検などに使われ、人々の暮らしを支えています。作業員が乗ったバケットを、ブームを伸ばして上げていく装置がトラックの荷台についています。また、ブームを伸ばした時にクルマが傾いたり倒れたりしないように、アウトリガーを左右に張り出して作業します。

写真:㈱アイチコーポレーション


働くクルマトップ 特装車を生産している会員企業
 火災発生時に消火や救助活動を行うためのクルマです。緊急出動するため、点滅する赤色の警光灯とサイレンが付いています。クルマに搭載する装置により、ポンプ車、梯子車、化学消防車などに分けられます。なお、色は赤(朱)色と決められています。

写真:㈱モリタ
ページトップへ