働くクルマトップ バスを生産している会員企業
 中型自動車に区分され、乗車定員を11名から29名までに設定している小型バスです。結婚式・葬儀等のセレモニー、ホテル、飲食店、健康ランド、病院、自動車教習所、ゴルフ場などの送迎用自家用バス、幼稚園の園児送迎バス、工場や会社などの通勤送迎バス、乗合タクシー、ジャンボタクシーなどで使われます。

写真:日産車体㈱


働くクルマトップ バスを生産している会員企業
 国土交通省の許可を受けた路線を運行し旅客を乗せるバスです。乗合バスともいいます。 路線バスの車両の多くは、車両左側の前方および中間の2ヶ所にドアが設けられています。バリアフリーへの対応で、近年ではノンステップ車両が導入されるようになっています。

写真:ジェイ・バス㈱


働くクルマトップ バスを生産している会員企業
 ハイデッカ―は、路線バスよりも座席が高い位置にあるバスで、客席床面にホイールハウスの張り出しが無く、主に眺望と床下荷物室を両立したバスです。 観光バスや高速路線バスなどに幅広く採用されています。  通常、冷暖房、マイク放送設備、テレビ・ビデオやDVDなどの音響・映像装置が装備され、車両によってはトイレ、カラオケ、冷蔵庫、湯沸かし器なども装備されています。

写真:ジェイ・バス㈱


働くクルマトップ バスを生産している会員企業
 スーパーハイデッカ―は、ハイデッカ―よりも客席床面をさらに嵩上げし全高を3.6m 以上に引き上げ、主に眺望と床下架装スペース(主に荷物室やトイレ)を両立した バスです。 上級仕様の観光バスや夜行高速路線バスなどに採用されています。  通常、冷暖房、マイク放送設備、テレビ・ビデオやDVDなどの音響・映像装置が装備され、車両によってはトイレ、カラオケ、冷蔵庫、湯沸かし器なども装備されています。

写真:ジェイ・バス㈱
ページトップへ